肝臓病の予防が大切なのは犬も一緒なんです

女の人

大型犬の餌を楽々に購入

餌

犬用の餌を販売している通販を利用すれば、サイズがとても大きい大型犬用のドッグフードも簡単に購入できます。現在利用しているドッグフードの銘柄が分かれば、すぐに販売しているお店を見つけられますので試しみましょう。

More...

ペット専用の葬儀

遺影

大切なペットが亡くなった時、葬儀をしてくれるのがペット葬儀会社です。会社によってサービスの内容が変わりますし、料金も様々です。大阪には数多くのペット葬儀会社がありますが、残念ながら悪徳会社もあるので注意が必要です。

More...

ミニピンの魅力と注意とは

犬

ミニチュアピンシャーは小型犬ですが、カッコいい印象を受ける犬種です。容貌はバランス良く、しっかりしています。性格的には気の強さを持ちながらも自信のある落ち着きを持ち、子どもから高齢者の方まで接しやすいので良き家庭犬となり得ます。

More...

いつまでも一緒にいるため

犬

初期段階では気づきにくい

肝臓は人間でもそうですが、犬の場合にも我慢強く痛みを感じたころには症状が進行していることが多いと言われている臓器です。犬の肝臓は食べ物など身体に入ってきたものの解毒をするための臓器ですが、その他にもたんぱく質の生成や血糖値の調整、炭水化物や脂肪の代謝、消化のための胆汁の生成など、生きていくために重要な働きをしています。犬の肝臓病の症状としては食欲不振や対ううの低下、嘔吐、下痢、軟便など他の病気の場合にでも起こる可能性が多い症状のため、なかなか初期の段階で肝臓病だということを見つけることは難しいと言われています。日頃からフードや犬にとって危険な化学物質などを身近に置かないように予防をしながら、定期的な検査を行って肝臓病の初期段階でわかるようにしておきたいものです。

予防も重要

犬の肝臓病は原因を特定するのが難しいと言われていますが、おやつが一つの原因になっていると言われています。食事としてのフードの他に与えているおやつをやめるだけで数値が改善していくというケースもあることから、日頃からおやつを与えるのをやめておくようにするのも良いでしょう。また、現在では多くのサプリが販売されていますが、その中には肝臓の良いと言われているサプリメントもあります。肝臓病を発症してから慌てるのではなく、毎日食べているフードにプラスしてサプリメントを利用して、予防をしておくというのも1つの方法です。自分の判断でサプリメントを与えるのが不安な場合には、かかりつけの獣医に相談をしてみると効果が期待できるサプリを紹介してくれることもあります。